SERVICE

EventHubはカンファレンスや展示会に
導入することにより来場者・出展社間の
ビジネスネットワーキングや商談の機会を増やすサービスです。

↓

来場者・出展社を一元管理。
招待・ログイン発行も自動送付

ものの10分でイベント専用ネットワーキングページを作成し、主催者管理画面から来場者・出展社を一元管理、ページへの招待を自動送付することも可能です。

キーワードやプロフィールをもとに
マッチング、レコメンド機能も

来場者・出展社はキーワードやプロフィール項目をもとに会いたい相手を探し、「会いたい」申請を送ることができます。主催者または株式会社EventHubがお勧めの来場者・企業をご提案するVIP対応も可能です。

スケジュール調整や商談室管理も
全て自動

「会いたい」申請が成立したら、ソフトウェアがお互いのスケジュールを自動的に照らし合わせ、面談時間を提案。商談室が準備されているイベントの場合は商談室予約やダブルブッキング防止も自動的に行います。

WHY EVENTHUB

EventHubがイベントにもたらす価値

参加者間のビジネス創出の機会が増え、満足度向上

来場者、出展社、協賛企業間の商談やビジネス創出の機会を増やし、イベント参加や出展の投資対効果(ROI)を高めます。

主催者の手間・コスト削減

EventHubは参加者一人あたり100-300円程度しかかかりません。今までネットワーキングや商談創出のためにかけていた飲食代・人件費を削減することができ、ニーズ・シーズの抽出や商談室予約もシステムが効率的に行うので、手間がかかりません。

来場者・出展社のニーズがデータで
わかる

主催者専用管理画面から来場者・出展社を一元管理し、マッチングの傾向や商談満足度を見ることができるので、参加者がどのようなビジネス機会を求めているのかがわかります。

集客や出展社営業にも役立つ

ビジネス創出の機会をEventHubで提供していることをアピールし、イベント参加の投資対効果を高め、来場者や出展社の集客効果を高めることが出来ます。

CASE STUDY

導入事例

1200名規模のキャリアカンファレンスの場合
出展企業と来場者間のマッチングのために
EventHubをご活用いただきました。

ユーザー数1,000人

カンファレンス参加者のうちEventHub
ビジネスネットワーキングに登録した人数

商談数750件

EventHub経由でお互いと連絡を取り合い
商談が行われた回数

メッセージ数3,100件

商談を行う際にやりとりされたメッセージの件数

プロフィール閲覧数14,100回

EventHub内でユーザープロフィールが閲覧された合計数

TRUSTED BY LEADING EVENTS

株式会社EventHub 導入実績(一部抜粋)

  • EdTech Asia Summit 2017
  • Embedded Technology 2017
  • IoT Technology 2017
  • TechCrunch
  • SLUSH
  • Hack Osaka 2017
  • U.S.-JAPAN COUNCIL
  • CODEBLUE@TOKYO
  • Innovation Weekend
  • type就活
  • daijob.com
  • STSforum
  • Start Venture Festival
  • Asahi Shimbun Accelerator Program
  • イベント Japan 2018

WHAT OUR USERS SAY

ユーザーの声

出展社様・来場者様のシーズとニーズを
吸い上げることができました。

出展社様、来場者様は「何を解決したいのか」「何を求めているのか」をアピールしながらマッチングするので、出展社様、来場者様のニーズ・シーズをより的確に把握することに大いに役立ちました。

Embedded Technology 2017
組込み総合技術展
IoT Technology 2017
IoT総合技術展
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
厲様

イベントの2日間、EventHubのおかげで
朝から晩まで商談が入りました。

参加していたEdTech Asia SummitでEventHubが導入されており、招待メールが届いた瞬間に来場者の名簿を確認してミーティングを設定しました。EventHubがなければ恐らく会場内で出会えていなかった方ともミーティングができ、大変満足です!

EdTech Asia Summit
参加者
Quipper
本間様

求職者と出展社のマッチング数が
劇的に上がりました!

キャリアカンファレンスの目的である「求職者と出展会社をマッチする」ことにとても役立ちました。想定では企業と求職者のマッチング率の向上のための導入でしたが、意外と学生と参加している社会人とのマッチングも高く、参加者同士の交流も活性化し前年より参加者全体の滞在率も大幅に改善されていたのが良い意味で想定外でした。参加者も自分が興味がある分野の先輩を探して声をかけたりと活発に使っている人が多く、会場のあちこちで「EventHubでお声がけした〇〇です。」という会話が聞こえてきました。

Start Venture Festival
スタートベンチャーフェスティバル
株式会社ライトマップ
鈴鹿様

CONTACT US

お気軽にお問い合わせ下さい

Frequently Asked Questions

よくある質問

Q1

ウェブサイトですか?
アプリですか?

EventHubはウェブブラウザで利用するウェブサービスとなっております。ダウンロード不要で、パソコン・スマホ・タブレットでご利用いただけます。

Q2

来場者・出展社はどのように
ユーザ登録するのでしょうか?

ユーザ登録方法は複数あり、イベントそのものの登録の流れに沿った最善の方法を提案させて頂いております。主にEventHub登録フォームを発行する方法や、イベントの来場チケット購入時に提供された情報と連動して登録する方法がございます。イベント会期前でも、当日でもご登録いただけます。

Q3

来場者・出展社・協賛企業はどのように
利用開始するのでしょうか?

登録メールアドレス宛に届くEventHubログイン案内メールを開封し、「ログイン」ボタンを押すとすぐウェブブラウザ版が立ち上がり、ご利用いただけます。

Q4

EventHubはイベントの間どれぐらいの
期間使えるのでしょうか?

イベント会期前から会期後まで最大2ヶ月自由にご利用いただけますので、参加者にもイベント前からご案内いただけます。2か月以上のご利用をご希望の場合は、対応可能ですのでお問合せください。

AS FEATURED IN

メディア掲載

  • The Nikkei
  • X Tech
  • event industry news
  • MarkeZine
  • TechCrunch
  • The Bridge
  • CNET Japan
  • Event Marketing
  • Weekly ASCII
  • ASCII Start up
  • goo
  • Yahoo! Japan News
  • TECHABLE
  • STARTUP TIMES

NEWS

お知らせ

PRESS RELEASE
イベント特化型ビジネスSNSアプリ「EventHub」がマッチング体験を向上するためにホーム画面とタグ機能を追加 > 詳細はこちら
PRESS RELEASE
イベントでのマッチングを加速化するビジネスSNSアプリ 「EventHub」が本格始動! > 詳細はこちら
NEWS
EventHubホームページがリニューアルオープンしました。